HOME » 成人向け » グラビア・アイドル »   緊縛露出いたずら【高解像度 写真】

グラビア・アイドル

成人向け

new products

  緊縛露出いたずら【高解像度 写真】 [アダルト]

※アダルト商品につき18歳未満の方は閲覧・購入できません。

評価:
(11人)
11 人が評価、平均 3.82
5人
3人
1人
0人
2人
商品を購入頂いたお客様に
評価して頂いております
金額(税込):
800円 (税込)
販売者: 変態気質Mロリ緊縛調教
商品名:   緊縛露出いたずら【高解像度 写真】
商品番号: 172707
ファイル名: r6_1.zip
ファイルサイズ: 9.37 MB
発売開始日: 2014年4月18日 金曜日
総閲覧数: 2,918
※完全顔出し(期間限定)赤修正なし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
内容 7枚 写真
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺は24歳、社会人2年目のペーペーの俺に妹ができた。
親父が再婚して新しく母親になった人の連れ子だ。
妹ではあるけれど、年が離れすぎていて俺と二人でいたとしても兄妹には見えないだろうな。親父の気持ちもわかるけれど、相手を考えて再婚して欲しかった。
親父とは離れて生活しているので、顔を合わせる機会は少ないけれど、親父の様子も心配なので月に1,2回は顔を出すようにしているが、親父がいるのを確認してからいくようにしている。
新しい母親と新しい妹と一緒と3人で過ごす勇気はない。今日も事前に電話をしてから実家へ向かったが、家に着いてみると女の子が一人でマンガを読んでいる。
親父の姿が見えない。
妹に話しかける。「親父は?」
こちらを見向きもせずに、「2階」とだけ答える姿にイラっとするが、
最近の小○生はこんなものだと言い聞かせ、2階に向かった。

俺の部屋は実家にいたときのままだが、その隣にある寝室は親の寝床だった。
そこから人の気配がするので、戸に手をかけようとすると、親父達のあえぎ声が聞こえてきた。
まだ真昼間なのに、下に子供を残して何をしているのか?と頭が痛くなってきた。心配して来てやったのにと怒りを覚えながらも、とりあえず持って帰れそうな食材を探すために台所へ向かう。

その時、マンガを読んでいたはずの妹がいた。
無視して冷蔵庫を開けて物色して俺の姿をじっとみているのが気になって、振り返ってみると上を指差して、耳をふさいでみせた。
その仕草の意味を考え、「そんなにいつもなの?」と聞いてみると、無言で頷く。
「親父のやつ」とつぶやき、その場に座り込んだ。
再婚してこのざまは何だ!怒りに似た感情に任せて2階に行こうとする俺の腕を、妹がつかんでくる。

何をしているか想像はつくのだろう、いまどきの小●生は情報が早い。
一緒に忍ばせ2階に上がり、覗き見をしたとき、驚く光景が目の前に広がった。
親父が縄で縛られベットに固定されている。親父の性癖をみてしまった俺の気持ちの整理がつかないのと同じく、妹には親父を責める母親の姿が映っていたのだろう。
しばらく俺の部屋からその様子を盗み見ていたが、俺はやり場のない感情を抑えきれずに、隣で息を潜めている妹を押し倒した。
いつも見ていたからなのか?俺の行為を受け入れ従順に従っていく。
隣の物音が俺の理性を飛ばし、部屋に置いてあった俺のネクタイを使って手足を縛ってみても動じることがなかった。
俺は親父とほぼ同じタイミングで妹の口の中に射精した。

それ以来、俺と妹の行為はエスカレートしていく。
親父達が不在の時を見計らって、親父が使っている麻縄やローターなどを盗み出し、妹を縛り上げる。
親の使っている縄で縛られることに興奮を覚え、ローターを仕込み出かける。

親父達とすれ違うかもしれないスリルを楽しみつつ、ローターを動かしつつ、公園まで歩いて行く。
家に帰ってから、まだ2時間程度は帰ってくることはないはずだと思い、ローターが動いているのを服の上から触って確認した。
妹の頬はピンク色で、息も荒いままだ。
その姿を確認して、ズボンを下ろしてフェラをさせた。
リビングの端で非日常が広がっている。


短期間限定アップロード 映像の人物は18歳以上 身分証確認   生や  生ではありません 転載・転用・転売など著作権を侵害する行為を禁じます

お気に入り商品に追加

▼ 販売者情報
名前:変態気質Mロリ緊縛調教
商品評価:(92 回の評価, 平均 4.16)

▼ 商品について販売者へ質問
この商品に関する回答済みの質問はまだ有りません。 質問するには購入者会員ログインが必要です

質問する