HOME » 成人向け » 萌え妹系 » 橋本愛似の妹の体を恋人のようにハメ弄ぶ兄とのお風呂セックス

萌え妹系

成人向け

new products

橋本愛似の妹の体を恋人のようにハメ弄ぶ兄とのお風呂セックス [アダルト]

※アダルト商品につき18歳未満の方は閲覧・購入できません。

金額(税込):
1,000円 (税込)
販売者: 密告者ギルド
商品名: 橋本愛似の妹の体を恋人のようにハメ弄ぶ兄とのお風呂セックス
商品番号: 195904
ファイル名: kyoudai_500.mp4
ファイルサイズ: 456.15 MB
発売開始日: 2018年8月7日 火曜日
総閲覧数: 5,635
この映像から伝わるのは、AVなどでイメージするドロドロとした近親セックスとは無縁のほのぼのとした、と言ってもいいセックスの模様です。

言ってみれば、交尾。

「背徳の…」などと言うのは、第三者の視点であって当人たちからしたら、小さい時からずっと一緒に居て、妹の体には穴が、兄の体には棒が付いている、このお互いの体を合わせてみたらピッタリ重なるんだからごく普通に重ねてみる。すると気持ちい→セックスも含めての兄妹愛。

という思考になるのでしょうか。そういう考えもやはり考えすぎというか、近親姦に対して幻想を抱きすぎていることになると思います。

本当にあっけらかんというか、まるで恋人のように、むしろこの二人が兄妹であるということを知らずに見たら恋人同士のハメ撮りにしか見えないところに、本人たちはタブーであるなどとは一切思っていないことが見て取れると思います。

そういう意味での交尾。セックスに理屈なんていらない、身近なところにただ好みの体があったから自然にヤッてみただけというなんの変哲のなさが、逆にエロい。

本来なら、閉じた世界で完結しているはずのこの映像が、こうやって誰の目にも触れられる場所にあることはおかしいのですが、そこは、本人たちのタブーと思ってなさゆえに、こちらにご投稿頂けたようです。

もしこの映像に兄妹でなんてことを、とか、妹の体をオナホールと勘違いしてるんじゃないかとか、仮に批判があり、それを伝えたとしても、それのどこが悪いの? と、皮肉じゃなく本当に意味が分からないという風に会話が成立しないと思います。

この映像について、投稿してくれた兄に内容説明を請うと、妹とお風呂でセックスしました。家のお風呂が狭いから、大きなお風呂があるということでラブホに行きました。とだけ添えられていたところに、世間の常識や観念との確かな断絶を感じます。

例えば、未開の部族が未だに伝統的に人肉食をしていたとして、我々が人間を食べるのはいけないことだ、と諭しても、元々その行為を疑問に思ったことさえない人にそれを理解させるのは不可能でしょう。

そもそもこのビデオも、妹とヤルなんてエロいだろとか、こんな凄いものが撮れましたとかそういった動機ではなく、せっかく大きいお風呂でヤルんだから記念に撮っておこう。とかそれくらいの考えしかなく、旅行のついでに、とかそっちに近い感覚で撮られていることが衝撃的です。

撮り方も工夫があるわけではなく、ただ置きカメラ一辺倒なのですが、湯船に浸かっていたかと思うとごく自然に前戯がはじまり、そのまま生で血の繋がったチンポを挿入していく兄と受け入れる妹。そして、立ちバックで気持ちよさそうに喘ぎ声を荒げていく妹の顔。映像終盤で兄から「他に好きな人出来る気配ないの?」と聞かれて妹がはっきり「ない」と言い切るところに、純愛ともまた違う、実用最優先の必要に迫られてなさがある意味悲しく、ヤバさをより引き立てます。

これだけを書けば、このビデオはハメ撮り映像と言うよりも、ナショナルジオグラフィックとか動物の生態とかそっち系に近いように思えるかと思いますが、被写体の妹は世間的に見てもかなり可愛く、まだ歳若いですが、これからどんどんいい女に成長していくことは明白でしょう。顔は橋本愛に似ていて、少し影のある美顔でそれが兄の体しか知らず、これからも兄さえいれば他はいらないと思っているというところは少しもったいない気がしますが、そういう兄妹だからこそ、ここまでの異常なセックスが出来るのでしょう。

ヤッていることは淡々としていますが、だからこそどこにもない変態映像です。

映像に撮り方や女性の反応、総じて作為的なエッチさを求める方には不向きな映像となっております。素人の実態として楽しめる方のみお買い求め下さい。



15分55秒の動画です


【注意事項】
販売しております全作品に登場する人物は18歳以上のモデルであり契約の上で撮影しております。

日本国内法を遵守し、法律及び条令に反する行為は一切行っておりません。
二次使用、譲渡、転載、転売等は禁止します。

全作品は法律、利用規約に基づいた内容であり、児童ポルノには該当しません。
(身分証により年齢確認をしています)

お気に入り商品に追加

▼ 販売者情報
名前:密告者ギルド
商品評価:(21 回の評価, 平均 3.86)

私は35歳の時に母親とセックスしました。生ハメ中出しです。
私が母親を性の対象として最初に意識したのは小学6年生くらいだったと記憶しています。
昼寝していた母親のワンピースからパンツが覗いており、股間の膨らみが見えたのです。
私はそこに顔を近づけくんくんと匂いを嗅ぎました。まだ女性器を見たことのなかった私は膨らみの実体がどうなっているのかとあれこれ想像しながら自分のペニスを母親の股間にくっつけてオナニーし射精したのです。
それからしばらくは母親に対して特に性欲は覚えませんでした。
母親に対して「やりたい」と明確に意識するようになったのは、社会人になって独立した後です。すでに何人かの女性とセックスを経験してからのことでした。
次に帰省した時、チャンスがあれば母親を犯してやろうと何年も思い続け、約10年後にそれは実行に移されたのです。
母親は大して拒絶することもなく、私を受け入れてくれました。舌を絡めてキスをして、ペニスで母親をイカせました。私は「ずっと前からお母さんとやりたかったよ」と言いながら母親の奥に射精しました。
母親とはその一回切りです。それは私にとって生涯で最も興奮した性体験でした。
世の中には私と同じように近親姦を経験した人が実は沢山いるのではないでしょうか。また、近親姦をしたいという願望を秘かに持ちながらもチャンスに恵まれない人も多いでしょう。

このアカウントでは、実際に近親姦をした人からの映像を公開していきます。秘密の告白、つまり「密告」です。演出やドラマ映像ではないため、近親姦に興味のない人には単調な普通のセックスに映るかも知れません。写っている女性も一般家庭の人なので、AV嬢のような華やかさやテクニックは望めません。しかし、近親姦のリアル映像であることは間違いないものだけを厳選して集めて公開していきます。
それと同時に、近親者を盗撮した映像、例えば娘の入浴シーンや姉のオナニーなどの映像も公開していきます。家族が身内に対して向けた性的な視線は身体の接触がないだけで、近親姦の一種であると考えうるからです。
さらに、法的には親類者ではありませんが、交際中のカップル、交際が終了したカップルから入手した映像も同様に扱います。これらは性行為を記録することよりも、お互いの関係性を強調、誇示することに主眼が置かれた場合が多く、カップルによってはその距離と密度は親族に勝り、信頼関係と秘匿度は近親姦に相当します。これらの公開は密告の類型のひとつと看做せます。

いま世の中でタブーとされているセックスは児童との性交と近親姦と屍姦と獣姦の4つしかありません。他の3つはそれぞれの専門家にお任せするとして、私は少なくとも日本で最も信頼のおける正真正銘の近親姦映像のみを扱うアカウントになることをお約束いたします。
▼ この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

昼間から実娘をお風呂でハメ味わい尽くす父親チンポ…

「オチンチン好きぃ…♥︎…

コミケで捕まえた過去最高にカワな女子とラブホで生…

娘と父親 部活帰りの汗臭いおしっこ舐められ生ハメ…

はじめて出来た彼女に元カレとの思い出を質問しなが…

毎朝登校前に父親を制服姿でフェラ抜きする厨房娘 …

【膣内射精】黒髪地味オタク系女子にモデルバイトと…

実娘に夜這い中出し 近親相姦禁断ホームビデオ第4弾

娘の友達(推定145cm)と禁断ハメ撮り第一弾 …
▼ 商品について販売者へ質問
この商品に関する回答済みの質問はまだ有りません。 質問するには購入者会員ログインが必要です

質問する