HOME » 成人向け » 盗撮演出 » 【痴漢動画】ノースリープワンピの高身長セクシーお姉さん*パンツ切り裂いて超キツマンに強引2本挿し指マン【高画質】

盗撮演出

成人向け

new products

【痴漢動画】ノースリープワンピの高身長セクシーお姉さん*パンツ切り裂いて超キツマンに強引2本挿し指マン【高画質】 [アダルト]

※アダルト商品につき18歳未満の方は閲覧・購入できません。

評価:
(1人)
1 人が評価、平均 5.00
1人
0人
0人
0人
0人
商品を購入頂いたお客様に
評価して頂いております
金額(税込):
1,000円 (税込)
販売者: ちゃおず
商品名: 【痴漢動画】ノースリープワンピの高身長セクシーお姉さん*パンツ切り裂いて超キツマンに強引2本挿し指マン【高画質】
商品番号: 201908
ファイル名: chao-035.mp4
ファイルサイズ: 998.03 MB
発売開始日: 2019年8月30日 金曜日
総閲覧数: 3,926
オフィスビル直結の地下鉄駅内で物色。
ショップ店員っぽいお姉さんですがぽってり唇に
彫りが深い顔立ちがめちゃめちゃエロいセクシー系です。
身長も160cm後半ぐらいでスタイルもバツグンですが
ノースリーブの二の腕がわりと筋肉質で
ヘルシービューティーといったカラダつきもソソられました。
スポーツジムのインストラクターとかにいそうなタイプです。

【動画の流れ】
01:44
パンツは光沢系のシックな紺P。
高身長だけに太ももとお尻もかなりド迫力でした。
モリマン系でパンツのフロントの盛り上がりもボリュームたっぷりです。

03:29
お高め系で気が強そうな雰囲気どおりに
スカートに手を突っ込むと声こそ上げませんでしたが
おさわり担当の手をつかんではらいのけたり
スカートを直そうとしたりと激しめに抵抗してきました。
強引にパンツ越しにクリをこすり続けると
抵抗しながらも徐々に腰がクネクネ状態に。。

04:50
パンツに手を潜り込ませて直接クリ責め。
かなり敏感で触り始めた瞬間から太ももがブルブルケイレンしてます。
溜め息みたいなアヘ声も頻繁にあがって
1分もしないうつにパンツにシミができてました。

06:30
パンツをずらして陰唇とアナルを露出。
モザイク越しでもメコスジが細いのがわかるくらいのキツマンで
くぱぁするのも結構てこずりました。

07:20
1分以上に渡ってしつこく直接クリを弄り倒したところ
グチュグチュと音がし始めてエグイほど淫汁が湧き出してます。
太ももも再びケイレンし始めてずっと吐息漏れしてました。

08:40
淫汁でテカテカになったところで指1本を挿入。
何度か2本挿入を試そうとしてますがキツマンすぎてなかなか入らず。
仕方ないのでそのまま膣奥のGスポット責めに変更。
指を抜いたらパンツに付着するほど糸引き汁もついてきてました。
メコスジなぞり&アナルタッチもあり。

10:09
両手で陰唇をめくって露出クリを弾きっぱなし。
必死でおさわり担当の手をつかんで振りほどこうとしてますが
太もものほうはまたまたブルブルとケイレン。

11:00
かなり強めに抵抗されましたがパンツの切り裂き強奪に成功し
キツマン陰唇とチョロ系に手入れした陰毛が完全露出。
さっきのクリ弾きで濡れまくっていたので強引に指2本挿し。

13:16
赤外線に切り替えてアヘ顔を撮影。
とにかくお高めなルックスなのにせつなそうなアヘ顔のギャップがやばいです。
必死でおさわり担当の手をつかんでますがヤラれるがままで
指を挿入されて仰け反ったりクチを覆ってアヘ声を我慢したりと反応もバツグン。
最後に振りほどかれるまで3分近く責め続けてます。

動画:16分11秒/1920×1080/MP4

■■■■■注意■■■■■
・この動画のモデルは18歳以上であることを身分証で確認しています。
・この動画を撮影販売することについてはモデル本人から許可を得ています。
・この動画はこのサイトの利用規約に基づいた内容です。
・この動画はフィクションであり、日本国内の全ての法律に違反する行為は含まれてません。
・この動画を第三者に譲渡、転売するこを一切禁止しています。
・転売等の行為が発覚した場合、速やかに法律的措置を取らせていただきます。

お気に入り商品に追加

▼ 販売者情報
名前:ちゃおず
商品評価:(105 回の評価, 平均 4.15)

痴漢系です
▼ この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

【電車内対面パンチラ】めちゃカワ私服Kちゃんのミ…

【電車痴漢】顔出し制服J●★クラスで一番人気風の…

【電車痴漢】顔出し制服J系★ポニーテールの私立系…
▼ 商品について販売者へ質問
この商品に関する回答済みの質問はまだ有りません。

質問するには購入者会員ログインが必要です

質問する