HOME » 成人向け » 仲良し系 » 28歳姉と25歳弟_温泉旅館でタブーセックスの記録

仲良し系

成人向け

new products

28歳姉と25歳弟_温泉旅館でタブーセックスの記録 [アダルト]

※アダルト商品につき18歳未満の方は閲覧・購入できません。

金額(税込):
700円 (税込)
販売者: 密告者ギルド
商品名: 28歳姉と25歳弟_温泉旅館でタブーセックスの記録
商品番号: 196485
ファイル名: onee2_moza500.mp4
ファイルサイズ: 484.38 MB
発売開始日: 2018年9月22日 土曜日
総閲覧数: 665
ぼくは姉ちゃんのちょっとした秘密を握っていた。
それは、まだ実家で一緒に住んでいた姉ちゃんが学生だった頃、姉ちゃんが彼氏を家に連れてきたことがあった。
その時からすでに今思えば姉ちゃんのことを女として見ていたぼくは、当然のように隣の部屋の壁に耳をくっ付け、様子を伺っていた。
そしたら、まぁ予想はしていたので(がっかり来て落ち込んだことは否定しないが)ふたりはセックスをはじめた。
当時、ぼくはまだ義務教育で童貞だったけど、その知識はあった。
聞こえるクスクス笑い声にイチャついていることを想像し、当時から大きかった姉ちゃんのおっぱいを他人が揉んでいることに嫉妬した。断続的に聞こえていたふざけ合う声が、急にピタリと止んで無言になった時に、あの姉ちゃんがチンポを咥えているのかも、前戯はもう終わって真剣な場面に移行したのかも、と悶えた。
その時、姉ちゃんの声で「うん、ナマでいいよ」はっきり聞こえた。
その後、小さいけどAVでしか聞いたことのない喘ぎ声がねえちゃんの声で聞こえてきた。でもそのことは最初から聞き耳を立てはじめた時から半ば覚悟していた。
問題は、ねえちゃんから生ハメを受け入れたことだ。
うちは、母親が異常に家庭内性教育を推進していた。
特に、姉ちゃんにはワリを喰うのは絶対に女なんだからどんなことがあっても避妊をしなさい、避妊しない男は最後には無責任さを露呈させる男だからすぐに別れなさい。とぼくが居る前でもおかまいなしに指導していた。当時はどこの家庭も同じだろうと思っていたけど、今考えると若干、ヒス入っていたと思う。
そんな姉ちゃんが自分から、まだKK生なのに生ハメ。
これは重大な裏切りだ。
その次の日の放課後、姉ちゃんとぼくしかうちに居ない時間に姉ちゃんに「昨日、付けないでヤッタでしょ?」ただそれだけ言った。
その時の姉ちゃんの顔は忘れられない。一言で言うと脅えの表情だ。
恥ずかしさ、弟に脅迫されている悔しさとか色々な感情があったはずだけど一番はやっぱり母親には言わないで欲しいという脅えだったと思う。
秘密というのはこれだけだ。はっきり言って、別にたいしたことはない。エロ漫画とかだとこの後、この事実を盾に肉奴にするとかそういう展開になると思うけど、実際には何もやっていない。ただ、姉ちゃんにぼく知ってるよ、と告げただけだ。
でも、それからの姉ちゃんの態度は明らかに変わった。ぼくによそよそしくなり、あまり心を砕いてくれなくなった。ぼくは後悔した。
脅そうと思ったわけじゃなくて、なんというか秘密の共有というか、これでもっと親密になれると思っていたからだ。
そのことがあってから、はっきり姉ちゃんのことが好きだと自覚した。
姉ちゃんは、やっぱり、綺麗だった。しかも非処女。そのことで余計苦しむことになった。
姉ちゃんの方も、よりによってシモ系の秘密というのは気まずかったらしく、卒業するとすぐに家を出て行ってしまった。

それから、姉ちゃんと約10年ぶりくらいに再会した。それがこの映像です。
姉ちゃんはますます綺麗になっていた。
しかも今、結婚もせず非正規で働いて、近所のバーに一人で飲みに行ってナンパされてその日にヤッたりして、なんだかフラフラしているらしい。
そんなことを聞いたらたまらなくなってしまった! こっちはあの秘密の日以来、女と付き合ってもいちいち姉ちゃんと比べてしまって長続きしないし、しかも、姉ちゃんに似ている子ばかり好きになってしまう(でも、結局、破局)。
そんな感じなんだったら、ぼくと付き合って欲しい! 絶対大事にする。とにかく一回ヤラせて欲しい! 思わず本心を打ち明けてしまった!

姉ちゃんがどういうつもりで、ぼくとふたりで温泉まで来てくれたのかは分からない。
姉ちゃんもぼくのことを好きだと言ってくれたけど、どういう意味でかを確かめるのが怖かったから聞けない。
温泉の為に買ったビデオカメラだけど、一生の記念にしたいからと裸を撮らせてもらった、それも拒否らなかった。
もしかしたら、もう二度と会わないつもりで、最後だからとぼくのやりたいこと全部叶えてくれたのかも知れない。ハメ撮りだ。

一生を添い遂げることは出来ないかも知れないけど、このビデオでいつでも私を思い出してってこと? そんなの全然優しくないよ。
こっちは姉ちゃんのマンコにチンポが入った時の感動、あれを味わったら、もう他の女なんかとヤレないよ。
とりあえず今は、姉ちゃんの思いを酌んで自重してるけど、また我慢できずに連絡してしまう日が来るのが怖い。何が怖いって、その時、電話が繋がらなかったら、二度と会えない、それが分かってしまうのが怖い。だからまだ連絡できない。


前半映像はこちら
28歳姉と25歳弟_温泉旅館でタブーセックスの記録
https://dgpot.com/product_info.php/products_id/196484


28分50秒、HD動画です。こちらは後半映像です。


音声有り

【注意事項】
販売しております全作品に登場する人物は18歳以上のモデルであり契約の上で撮影しております。

日本国内法を遵守し、法律及び条令に反する行為は一切行っておりません。
二次使用、譲渡、転載、転売等は禁止します。

全作品は法律、利用規約に基づいた内容であり、児童ポルノには該当しません。
(身分証により年齢確認をしています)

お気に入り商品に追加

▼ 販売者情報
名前:密告者ギルド
商品評価:(21 回の評価, 平均 3.86)

私は35歳の時に母親とセックスしました。生ハメ中出しです。
私が母親を性の対象として最初に意識したのは小学6年生くらいだったと記憶しています。
昼寝していた母親のワンピースからパンツが覗いており、股間の膨らみが見えたのです。
私はそこに顔を近づけくんくんと匂いを嗅ぎました。まだ女性器を見たことのなかった私は膨らみの実体がどうなっているのかとあれこれ想像しながら自分のペニスを母親の股間にくっつけてオナニーし射精したのです。
それからしばらくは母親に対して特に性欲は覚えませんでした。
母親に対して「やりたい」と明確に意識するようになったのは、社会人になって独立した後です。すでに何人かの女性とセックスを経験してからのことでした。
次に帰省した時、チャンスがあれば母親を犯してやろうと何年も思い続け、約10年後にそれは実行に移されたのです。
母親は大して拒絶することもなく、私を受け入れてくれました。舌を絡めてキスをして、ペニスで母親をイカせました。私は「ずっと前からお母さんとやりたかったよ」と言いながら母親の奥に射精しました。
母親とはその一回切りです。それは私にとって生涯で最も興奮した性体験でした。
世の中には私と同じように近親姦を経験した人が実は沢山いるのではないでしょうか。また、近親姦をしたいという願望を秘かに持ちながらもチャンスに恵まれない人も多いでしょう。

このアカウントでは、実際に近親姦をした人からの映像を公開していきます。秘密の告白、つまり「密告」です。演出やドラマ映像ではないため、近親姦に興味のない人には単調な普通のセックスに映るかも知れません。写っている女性も一般家庭の人なので、AV嬢のような華やかさやテクニックは望めません。しかし、近親姦のリアル映像であることは間違いないものだけを厳選して集めて公開していきます。
それと同時に、近親者を盗撮した映像、例えば娘の入浴シーンや姉のオナニーなどの映像も公開していきます。家族が身内に対して向けた性的な視線は身体の接触がないだけで、近親姦の一種であると考えうるからです。
さらに、法的には親類者ではありませんが、交際中のカップル、交際が終了したカップルから入手した映像も同様に扱います。これらは性行為を記録することよりも、お互いの関係性を強調、誇示することに主眼が置かれた場合が多く、カップルによってはその距離と密度は親族に勝り、信頼関係と秘匿度は近親姦に相当します。これらの公開は密告の類型のひとつと看做せます。

いま世の中でタブーとされているセックスは児童との性交と近親姦と屍姦と獣姦の4つしかありません。他の3つはそれぞれの専門家にお任せするとして、私は少なくとも日本で最も信頼のおける正真正銘の近親姦映像のみを扱うアカウントになることをお約束いたします。
▼ この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

教育業界に蔓延る裏口入学と性接待08

28歳姉と25歳弟_温泉旅館でタブーセックスの記…


 っC〜【ゆうこ】浦和住み、家出ログ・・・3日目…

小さい頃から見てた近所の中退娘H撮り第三弾 あわ…

元カノみき・ザーメン飲み専用女/甲2

主観中出し第C_彼氏が彼女との放課後を隠し撮り…

【個撮】部活帰りの絶対タオルで顔隠したまごちゃん…

娘の友達(推定145cm)と禁断ハメ撮り第一弾 …
▼ 商品について販売者へ質問
この商品に関する回答済みの質問はまだ有りません。 質問するには購入者会員ログインが必要です

質問する